2020年03月23日

甲州紋紙織





技術。


その技術には歴史があって、それにたずさわる人たちが


脈々と積み重ねてきた時間があって、今があります。


たとえそれが、現代の最新の技術だとしても。



甲州紋織物×傳tutaeeの感覚= 新しい織物


E13A02DB-1BAE-477A-B75A-CB9107D95065.jpeg


mekashi skirt :lot skaaaat ja
素材:綿・75% キュプラ・25%
郡内織物 甲州紋織物


歴史ある甲斐絹(かいき)の高い技術を継承し、


先進的な郡内の紋織物だから生み出せる素材。

C5883ECB-AFF2-4768-A838-917E9A91080F.jpeg


そんな技術の力を借りて生み出した素材を、


今を感じてもらえながら時をも越えられる魅力のある服へと


繋げていくことがわたしたちが目指すこと。


0479B59A-E602-4FAA-9294-9F630049D51E.jpeg


糸と糸の重なりで表される表現。


冬が過ぎて、春が始まる。


何があっても季節は巡り、葉が茂る。


生き物の静かな強さを織物の力によって


表現した特別な素材を用いています。





instagram ID @tutaee


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187301848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック