2020年03月05日

啓蟄 2020.3.5




「啓蟄」

啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意。


大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。


まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、


日差しも徐々に暖かくなってきます。


特に、今年は春の訪れを感じられるのが早いですものね。


傳tutaeeの春の服も揃ってきていますよ。



61CE3B0B-6B5E-4B5A-AA39-B40D59D6983B.png

白いリネンのワンピースやリネン


春といえば...リネンですかね。


時は経ても、今も着ますし、これからも着られる素材です。




宜しくお願い致します。



instagram ID @tutaee


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187225967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック