2019年03月15日

雨花ukuwa の出来るまで。〜パーツ編〜



今回は、傘と人間を繋ぐ部位でもある持ち手について。


8BCBFAE4-FBA7-4A94-9657-9556881EB929.jpeg


あらゆるものが便利な現代、モノをつくる世界には

そのモノをつくる為のパーツが無数に存在します。

パーツをつくるメーカーがそれぞれの考えにより、

様々な素材、デザインで無数につくられている訳です。

勿論、傘の世界も同様に新旧様々なパーツがある中、

雨花は・・・選びたいものがありませんでした。


どうしても具現化したいことが、ある。


肌に触れ、温もりのある天然の由来によるもので

手にした時に持ちやすく、

手にしていない時にもかわいげのある存在感。


2ACE3772-EDA9-49D3-B5D3-1993B47E8538.jpeg


雨花では、東北の木工の匠の力を借り、

このある植物からイメージした独特な形状の持ち手を、

雨花ukuwa 1st collection としてつくりました。

材質は、欅。

既存のフォーマットに沿った板からではなく、

ポテリとした厚みを出す為に必要な大きさのものから拵えて。



どうぞ宜しくお願い致します。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185710545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック