2019年04月28日

傘があがる ツタエノヒガサ




「旗をあげる」

…新しくことを起こすなどの意味がある言葉ですが、

毎年、その「旗」の存在を楽しみにしてしまう

お店と大好物があります。

そのお店は、ある季節の食べ物の始まりの日から、

その始まりの合図として旗が上がります。

昔は、そのお店の前を通る度に旗の存在を確かめたり、

その近所に住む友人に「どう?旗上がってた?」などと

よく話したものです。

今は、SNSで…あっ!という間に情報が拡散できてしまいます。

「ツタエノヒガサ」も季節を表すものであり、

その季節の始まりを楽しみにしてもらえるような存在に

なれたらいいなと思うのです。


4A64C7CC-137A-4984-942D-22A4AF18462E.jpeg


そう、今年も日傘が上がってきています。

小さなメーカーですので、全てのお品を

一度につくることはできませんが、

順に全国のお取り扱い店さまへ発送していきます。

今年の日傘も、染め上がり、出来上がりなど

とても良く出来上がっていると思います。

是非、手に取り、感じていただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。