2016年04月20日

雑誌掲載のお知らせ 『リンネル 6月号 No.67 』





宝島社 『リンネル 6月号 No.67 』


ちょっと素敵な母の日の贈り物


写真 2016-04-18 16 19 58.jpg



お薦めいただいたスタイリストの大谷さん 関係者の皆様、ありがとうございます。



日々の装いを、各々のスタイルで楽しみましょ♪




2016年04月19日

良服




先日は周りの友人たちの力を借りて、撮影を行いました。



写真 2016-04-18 satuei.jpg



2016年 秋冬の服の撮影。



こちらはね・・・ご期待ください♪



その際、蔵前の近辺をぐるぐるとロケハンしておりました。



その時に撮った写真の1つが、こちら。



IMGP0651.jpg


Jacket : 傳tutaee
t shirt : biologique de tutaee
denim : 傳tutaee




こんな時だから思うこと。



着るものは、自分にとっての良い服を着ていたい。



良い服を着ると、心も、身体もシャンとなります。



だから、自分にとっての良い服を大切にしたいと思います。





撮影に協力してくれた方々、いつもながら誠にありがとうございます。



2016年04月18日

親愛なる皆さまへ




2016年4月14日午後9時半近くより・・・九州・熊本地方を震源とする



たいへん大きく、強い地震が発生しています。



亡くなられた方々へのご冥福をお祈り申し上げますとともに、



被災された皆様に、改めて、心よりお見舞い申し上げます。



そして、被災されてしまった方々のご無事を、心よりお祈りしております。



私たちにも、お取引先さま、お取引先でいてくれた方、



それからその周りにいらっしゃる方といった繋がりのある方々が居り、



ただただ・・・祈るばかりです。



しかしながら、誠に心苦しくもありますが、



今出来ることの一つとして、できる限り普段通りの生活をおくります。



個人として、傳tutaeeとして、今まで以上に仕事にも励みます。



そして、できることを無理せず、くり返し、支援したいと思います。



もう・・・天災、終わってくれよ!





傳tutaee より


2016年04月10日

雑誌掲載のお知らせ 『ナチュリラ vol.33 2016 春号 』




主婦と生活社 『ナチュリラ vol.33 2016 春号 』


Editor's Buy


ナチュリラ.jpg



m.oさま 関係者の皆様、ありがとうございます。



日々の装いを、各々のスタイルで楽しみましょ♪




2016年04月08日




きれいに咲いた桜の花も、あっ!という間に、花びらが散る今日このごろ。



やはり儚いから、美しさも際立つのですよね。



IMG_9755_補正済.jpg



一度に着られる服の数に限りはありますが、



一日一日、着る服を選び、生活の中の行為の1つとして



楽しむことは、いつの時代も大切にしたいなって思います。



春の装いを楽しみましょ ♪






special thanks to

photographe :nozomu ishikawa


2016年04月04日

浴衣のお誂え 御礼





この度 企画した催し「浴衣のお誂え」は、昨日で終了させていただきました。



kakukaku.jpg



期間中、お忙しい中にお時間をつくっていただいた方々 誠にありがとうございます。



夏の手前に出来上がりますので、もう少しお待ちくださいませ。



そして、やがて来る暑い夏を、楽しみましょ ♪




久方振りの・・・






久しぶりのブログは、やっぱり書き出しに迷いが生じますね。



そこで、この春の新作・・・ではなく、過去につくった服のご紹介を。



nami21.jpg

品名 NAMI-V
素材 インディゴ 13.75oz デニム
サイズ 28 , 30 , 32 34


ファッションにおけるベーシックな部分を、15jyugoで表現しようと



考える前に取り組んでいたのが、この“ NAMI-V ”というモデル。



ジーパンって、時代を経ても何ら変わることのない



ある意味 普遍の価値観と思うので、今回のご紹介へと至りました。



そして、この服があるから今の15jyugoに繋がっていたりします。



なので、つくってから暫くの時を経た今も、



皆さんへご紹介できる服だと思っています。



進歩も変化もない歩みではいけませんが、変わらない価値観も大切。



ヴィンテージにはヴィンテージの良さがあって、



現代の服はそのヴィンテージを超えるべく、想像と思いを込めて



技術の力を借りて、服として表現していきます。



今までも、これからも変わらない・・・傳tutaeeでした(笑)